立松和平さん死去=小説「遠雷」「道元禅師」など(時事通信)

懸賞 2010年 02月 15日 懸賞

 「遠雷」「道元禅師」などの小説で知られる作家の立松和平(たてまつ・わへい=本名横松和夫=よこまつ・かずお)さんが8日午後5時37分、脳内出血のため東京都内の病院で死去した。62歳だった。栃木県出身。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く。喪主は妻美千繪(みちえ)さん。 

【関連ニュース】
翻訳家、作家の柴野拓美氏死去
小田実全集、初の電子出版で=来春から刊行
室伏哲郎さん死去=「汚職の構造」のノンフィクション作家
原田康子さん死去=小説「挽歌」がベストセラー
庄野潤三さん死去=家族小説書き続けた「第三の新人」

下関市で「ふくの日」祈願祭(産経新聞)
<訃報>中村鐵さん69歳=元電通副社長(毎日新聞)
「死亡」ホームレス、警察の検視室でまばたき(読売新聞)
多量入手も可能、睡眠導入剤の悪用拡大(読売新聞)
昭和基地離れ、帰国の途に=51次夏隊と50次越冬隊(時事通信)
[PR]

by yqgmxm7dlv | 2010-02-15 12:19

<< 公明代表「民主党も自浄作用を」...