アフリカ開発協会40周年セミナー(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 25日 懸賞

 日本とアフリカ諸国の経済交流強化を推進するアフリカ開発協会(矢野哲朗会長)が24日、都内のホテルで創立40周年記念の官民連携投資促進セミナーを開いた。レセプションにはアフリカ諸国大使や国会議員、財界人ら約400人が出席。麻生太郎前首相は「日本人はアフリカの人たちと一緒になって働いてきた。そこが欧米とは違う」とあいさつした。

【関連記事】
次はアフリカ、商社布石 インフラ開発テコに資源獲得
文化芸術は実利主義では育たず
国際交流で磨かれる発想力 東京電機大・加藤康太郎理事長、古田勝久学長
攻める中国 守りの米国 COP15 見えぬ合意
買われる世界の農地 日本の総面積の3分の2に

35歳主婦が首を切られ死亡 通報の夫「自分が刺した」 静岡(産経新聞)
長妻氏は安全派、原口氏は積極派…年金運用で対立(読売新聞)
半島有事密約など認定へ=核持ち込みは「解釈の差」−外務省有識者委(時事通信)
「国・地方協議」、首相に招集権=骨子案まとまる(時事通信)
男が飛びげり、60万円奪う=会社役員、頭などにけが−東京(時事通信)
[PR]

by yqgmxm7dlv | 2010-02-25 13:26

<< 1票の格差 東京高裁判決 「違...   子ども手当法案が審議入り=3月... >>