JR福知山線脱線、運転士の遺族が労災手続き(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 21日 懸賞

 JR福知山線脱線事故で、脱線した快速電車の運転士=当時(23)=の遺族が、労災申請の手続きを進めていたことが14日、関係者への取材で分かった。事故は今月25日に発生から5年を迎える。申請は5年が期限。

 関係者によると、遺族が2月中旬、JR西に対して運転士の勤務中の事故であることを証明する書類を要請し、JR西は書類を提出した。遺族側が遺族給付の支給に向けて、準備を進めているとみられている。

 運転士は、運転中に駅での停止位置をオーバーランしたため、車掌との無線の報告に聞き入り、ブレーキ操作が遅れて事故を起こしたとして、兵庫県警が平成20年9月に業務上過失致死傷容疑で書類送検したが、死亡により不起訴となった。

【関連記事】
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
高速実質値上げ 詐欺も同然の公約違反だ
急行にはねられ男性死亡 南海本線高石駅
座席も青→緑色に JR西、福知山線脱線被害者へ配慮
電車にはねられ女性死亡 甲府のJR中央線
外国人地方参政権問題に一石

<自民党>郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任(毎日新聞)
変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)
徳之島の移設反対集会「一つの民意だ」 鳩山首相(産経新聞)
<水俣病>未認定患者救済閣議決定 環境相は全員救済に自信(毎日新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
[PR]

by yqgmxm7dlv | 2010-04-21 22:20

<< 信号無視、パト追跡後に衝突…双...   <掘り出しニュース>カメ甲羅干... >>