これからも応援したい、と思う一発芸人は?(Business Media 誠)

懸賞 2010年 05月 27日 懸賞

 最近、脚光を浴びている一発芸人の中で「これからも応援したい」と思う芸人はいるのだろうか。20〜40代の人に聞いたところ「いる」と答えた人は32.1%であることが、アイシェアの調査で分かった。

 男女別で見てみると、男性(30.5%)よりも、女性(34.2%)の方がやや多いようだ。また、最近テレビに出ている芸人の名前が「ほとんど分かる」人の69.9%が「いる」と回答しているのに対し、「分からない」人では23.4%と、お笑い芸人の把握度合いによっても温度差があるようだ。

 応援したい芸人が「いる」と答えた人に、具体的な名前を聞いたところ「有吉弘行」(28.2%)と答えた人が最も多かった。次いで「小島よしお」(15.3%)、「つぶやきシロー」(10.4%)、「ダンディ坂野」「レイザーラモンHG」(いずれも8.0%)が続いた。年代別に見てみると「有吉弘行」は上の年代ほど支持を得ており、「小島よしお」は若い年代から応援の声を集めるという結果に。

 一発屋芸人の名前を挙げた人に、その理由を聞いたところ「面白いから」という声が多かったが、1位の「有吉弘行」については「一度どん底まで味わってはい上がってきたから」「復活してがんばっているから」という意見があった。「小島よしお」については、「人が良さそうだから」「がんばっている姿が伝わるから」という声が目立った。このほか「つぶやきシロー」では「タモリのボキャブラ天国時代に彼のファンだったから」「他にない芸風だから」と、昔も今も変わらず応援しているという声も。

 インターネットによる調査で、20〜40代の男女507人が回答した。調査期間は4月27日から4月30日まで。

【関連記事】
すっぴんでも変わらない&すっぴんだと変わる芸能人
モーニングコールで、起こされてみたい芸能人は?
海外映画の吹き替え、芸能人起用には否定的
ロバに乗っているのが似合う芸能人

省エネ大賞を廃止 仕分け人「役割を終えた」(産経新聞)
電波法違反容疑、男を逮捕=海保周波数で無線流す―大阪府警など(時事通信)
燦HD子会社役員を逮捕=女性社員の遺体遺棄容疑―不倫関係のもつれか・大阪府警(時事通信)
宮崎・口蹄疫 えびの市沈静化か(産経新聞)
<掘り出しニュース>潮干狩り早くもピンチ GWに市民殺到、貝は絶滅寸前(毎日新聞)
[PR]

by yqgmxm7dlv | 2010-05-27 21:25

<< 21年の出生率は横ばいの1.3...   外来ヒナゲシ増殖中 生態系乱す... >>