信号無視、パト追跡後に衝突…双方の4人死傷(読売新聞)

懸賞 2010年 04月 24日 懸賞

 23日午前0時10分頃、愛知県蒲郡市港町の国道交差点で、男性3人が乗った乗用車と同県幡豆町の無職辻幸子さん(48)の軽乗用車が出合い頭に衝突した。

 この事故で、乗用車の蒲郡市三谷北通、建設作業員鈴木健人さん(19)が全身を強く打って死亡。同市と岡崎市のいずれも19歳の男性会社員2人が頭などに重軽傷を負った。辻さんは軽傷。

 蒲郡署の発表によると、事故の直前に、蒲郡市竹谷町の国道交差点で、赤信号を無視した乗用車を同署のパトカーが発見。

 停車するよう命じ、赤色灯を付け、サイレンを鳴らして時速約80キロで追跡したが、一時見失った。追跡開始から約2分後、約2キロ先で事故を起こした乗用車を見つけたという。

コンテナ回収作業でトラブル 山崎さん帰還延期も (産経新聞)
宮崎の1例目、口蹄疫確定=農家支援策も拡充−赤松農水相(時事通信)
高齢公務員の給与下げに意欲=仙谷担当相(時事通信)
株主優待・単元変更速報(変更:7622、8939)
【JR福知山線脱線事故】「鉄道マンとしてのプライドを」 妻を亡くした男性がJR社員を前に講演(産経新聞)
[PR]

# by yqgmxm7dlv | 2010-04-24 16:11

JR福知山線脱線、運転士の遺族が労災手続き(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 21日 懸賞

 JR福知山線脱線事故で、脱線した快速電車の運転士=当時(23)=の遺族が、労災申請の手続きを進めていたことが14日、関係者への取材で分かった。事故は今月25日に発生から5年を迎える。申請は5年が期限。

 関係者によると、遺族が2月中旬、JR西に対して運転士の勤務中の事故であることを証明する書類を要請し、JR西は書類を提出した。遺族側が遺族給付の支給に向けて、準備を進めているとみられている。

 運転士は、運転中に駅での停止位置をオーバーランしたため、車掌との無線の報告に聞き入り、ブレーキ操作が遅れて事故を起こしたとして、兵庫県警が平成20年9月に業務上過失致死傷容疑で書類送検したが、死亡により不起訴となった。

【関連記事】
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
高速実質値上げ 詐欺も同然の公約違反だ
急行にはねられ男性死亡 南海本線高石駅
座席も青→緑色に JR西、福知山線脱線被害者へ配慮
電車にはねられ女性死亡 甲府のJR中央線
外国人地方参政権問題に一石

<自民党>郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任(毎日新聞)
変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)
徳之島の移設反対集会「一つの民意だ」 鳩山首相(産経新聞)
<水俣病>未認定患者救済閣議決定 環境相は全員救済に自信(毎日新聞)
【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(5)(産経新聞)
[PR]

# by yqgmxm7dlv | 2010-04-21 22:20

<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ〜ならえ(毎日新聞)

懸賞 2010年 04月 13日 懸賞

 【千葉】満開の桜が散り始めた茂原市の茂原公園の弁天湖で、奇妙な光景が散策する人々の目を引いた。池に向かって張り出した松の幹にカメが次々上り、一列で「甲羅干し」を楽しんでいるのだ。「満員御礼」のところへ新たなカメが登ろうとし、仲間の甲羅の上で足を滑らせ、めげずに再び登ろうとする光景も。

 気づいた花見客たちが「面白いぞ」「がんばれ」と眺め、携帯カメラを向ける人も。失敗しても飽かずに登ろうとするカメの姿に、小さな男の子が父親に「お尻を押してあげたいね」。【吉村建二】

JR不採用問題が決着=4党解決策受け入れ−政府と組合側(時事通信)
沖縄知事「応分負担の用意」=普天間移設、鈴木氏明かす(時事通信)
自民・園田氏が離党届提出(時事通信)
<シャトル>「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
医療分野の素案明らかに−民主党参院選マニフェスト(医療介護CBニュース)
[PR]

# by yqgmxm7dlv | 2010-04-13 00:40

政府批判の知事も…「美人すぎる市議」にタジタジ?(読売新聞)

懸賞 2010年 04月 08日 懸賞

 「北東北3県若手地方議員の会」が1日、秋田県議会棟で開かれ、佐竹知事がゲストとして講話した。

 知事は、民主党政権が掲げる地域主権について、「地方交付税交付金が若干増えるなど、少しアメ玉をしゃぶらされてはいるが、具体的な政策は出てこない」と厳しい評価を下した。知事は「権限と財源をきちんと地方に与えることが、これからの時代に合う」とした上で、「権限が移れば、地方議会の役割は相当重くなる。若手から声を上げて欲しい」とエールを送った。

 会には、週刊誌などで「美人すぎる市議」として取り上げられる藤川優里・青森県八戸市議も参加。講話後、知事は「あの有名な……」と名刺交換したが、藤川市議はやさしくほほ笑み返すだけだった。

<訃報>藤本幹男さん=藤本和久・矢作建設工業副社長の父(毎日新聞)
<日米密約>外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委(毎日新聞)
ひき逃げで新聞配達員死亡 京都・綾部(産経新聞)
奈良のJR和歌山線、男性はねられ死亡 3600人影響(産経新聞)
北九州社長殺害 元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
[PR]

# by yqgmxm7dlv | 2010-04-08 00:55

ギョーザ事件、日中捜査協力「試金石だったが…」(読売新聞)

懸賞 2010年 04月 02日 懸賞

 新華社通信が、「対日輸出ギョーザ中毒事件を解決」という見出しで、「天洋食品」の元臨時従業員・呂月庭容疑者(36)逮捕の一報を伝えたのは、日本時間の26日夜11時51分(現地時間10時51分)。

 警察庁は、これを伝える国内ニュースで初めて逮捕の事実を知り、慌てて在北京日本大使館と連絡を取って、中国公安省への情報収集を依頼した。だが、容疑者が「正社員にしてもらえなかった」などと供述しているという以外、詳しい情報提供はなく、中国との捜査協力、中でも情報交換の難しさが浮き彫りになった。

 その懸念は、当初から指摘されていた。今回の事件発覚後、警察庁と中国公安省は、5回にわたって両国で相互に開いた「情報交換会議」では、「有機リン系殺虫剤メタミドホスが中国で混入した可能性が高い」とする警察庁に、中国公安省は「日本で混入した可能性もある」と主張し、怒声が飛び交う場面も。

 呂容疑者の周辺から2本の注射器が発見されたと中国側が説明している点についても、警察庁内には、「発覚から2年以上たって見つかったというのは不自然」「隠していたのではないか」などという声がある。

 「今回の事件は、日中の捜査当局が協力して捜査に臨んだ初のケースで、試金石だった。結果として容疑者は捕まったが、今後の協力のあり方を模索する必要がある」。同庁幹部の一人はそう指摘する。

 警察庁は近く幹部を中国に派遣し、日本の事件についても徹底解明を求める方針だが、日中間には犯罪人引き渡し条約がなく、公共の安全を害することを禁じた中国の「危険物質投入罪」で逮捕された呂容疑者の身柄が引き渡される可能性は低い。日本の捜査員が直接、事情聴取することも困難とみられる。日本にとっては、中国公安省に「代理処罰」などを要請する中で、真相解明につながる情報を得ていくしか手段がない。

 中国への代理処罰は、09年末時点で、福岡一家4人殺害事件(03年6月)など過去に20件、25人に適用され、このうち9人が死刑判決を受けている。さらに日中間では今回の事件後の08年11月、刑事共助条約が発効し、外交ルートを通さずに捜査資料を提供することが可能になった。同庁は要請があれば、ギョーザから検出されたメタミドホスの「質量分析結果」などの捜査資料を提供する方針で、こうしたやり取りを通じ、どこまで中国側から情報を得られるのか注目される。(社会部 中村勇一郎)

北海道塵肺訴訟 国の時効認めず 地裁、賠償命令(産経新聞)
高松塚劣化「組織的な不作為」が要因 検討会報告書が指摘(産経新聞)
多摩ニュータウン 一括建て替え決定 高層マンションに(毎日新聞)
藤子ミュージアム 11年9月3日、川崎市にオープン(毎日新聞)
<痴漢容疑>電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認(毎日新聞)
[PR]

# by yqgmxm7dlv | 2010-04-02 22:51