上司に「殴るぞ、この野郎」=暴言書記官を停職−横浜地裁(時事通信)

懸賞 2010年 03月 18日 懸賞

 横浜地裁は12日、上司に暴言を吐いたなどとして、40代の男性書記官を停職1カ月とした。
 地裁によると、書記官は昨年11月30日、執務室で注意をしようとした上司に対し「そんな時間ねえよ。殴るぞ、この野郎」などと大声で暴言を吐き、翌12月1日に無断欠勤した。同2日に出勤し休暇を申請する際、無断欠勤を上司から指摘されると、申請書を破り捨て、なだめようとした同僚に「あんたも給料もらってるんだろ。えり好みせずに仕事しろよ」などと暴言を吐いたという。 

転覆した車に高速バス追突=中国自動車道、2人死傷−山口(時事通信)
かっぱ寿司で食中毒15人=長野・諏訪(時事通信)
美術館庭園で満開の菜の花=千葉県佐倉市〔地域〕(時事通信)
スカイマーク機高度誤って飛行、機長が入力ミス(読売新聞)
司法判断で適切対応=シー・シェパード問題で−平野官房長官(時事通信)
[PR]

# by yqgmxm7dlv | 2010-03-18 20:39

「頭にべっとりと血だまりが…」 被害者の調書が事件を再現(産経新聞)

懸賞 2010年 03月 17日 懸賞

【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第5回公判】(3)

 《事件で亡くなった川口隆裕さん、Aさんらと行動をともにしていた際、加藤智大(ともひろ)被告(27)のトラックにはねられた男性被害者Bさんの供述調書の読み上げは、被害に遭う直前の状況で一度、途切れた。弁護側が証拠採用に同意しなかった事件の核心部分は読み上げられず、検察官は、トラックにはねられ、刃物を持った加藤被告が現れた直後の部分から読み上げを再開した。加藤被告はうつむき加減で身じろぎもしない》

 検察官「それで私は刃物を持っている男がいなくなったと思い、川口君とA君を探し始めました。川口君の周りには人が何人かいて、心臓マッサージをしていました」

 「川口君の頭の辺りはべっとりとした血が血だまりになっていて、目は瞳孔が開いた感じになっていました。素人目にも、とても危ない状態と思いました」

 「さっきまで一緒に話しをしていたのに、まるで悪い夢を見ているみたいで現実と思えず、どうしてよいか分かりませんでしたが、とにかく『川口、川口』と叫びました。C君も同じように川口君の名を呼んでいました。でも反応はありませんでした」

 「その後A君を見つけ、周りの4〜5人の人とA君をあおむけにし、その場にいた人がA君に心臓マッサージを始めました。A君は川口君と同じように口から血が流れ、着ていた服は、はだけていました。さっきまで話していたA君がこんな状態になっていることが信じられませんでした」

 「A君は目を閉じていたので(瞳孔が開いていた)川口君より良い状態なのではと思いました。助かってほしいと思いながらA君の名前を呼びました」

 「川口君とA君の間を行ったり来たりしました。川口君の生気のない目が私を見つめているように感じました。『助かるのでは』と思い、助かるように祈っていました」

 《その後、けがをしていたBさんはAさんとともに病院に搬送され、手当を受けた。その病院でAさんの容体がBさんに告げられた》

 検察官「A君について『非常に厳しい』と伝えられました。私はとっさに逃げることができましたが、逃げられなければ殺されたはずです」

 「その後、私は川口君とA君の通夜や告別式に参列し、それぞれ弔辞を読ませていただきました。まだ2人が亡くなったことが信じられない気持ちです」

 「事件後にカラオケに行ったとき、川口君がその場にいないことに気付き、亡くなってしまったんだと思いました。それでもまだ信じられない気持ちです」

 「大学の食堂では今もA君がいつものようにニンテンドーのゲーム機DSを持って現れるのではないか、と思います」

 「川口君とA君と会い、他愛もない話しをしたいです。2人が続きを楽しみにしていたマンガや映画を見せてあげたいです。2人はまだ若くやりたいことがたくさんあったはずです。犯人には当然極刑を望みます」

 「犯人は人生に絶望していたという報道がありましたが、『どうして川口君やA君を巻き込んだのか』『どうして1人で死ななかったのか』と言ってやりたいです」

 《友人を突然失った悲しみが切々とつづられた調書。続いて、Bさんの証人尋問に移る。加藤被告から証人を遮る遮蔽(しゃへい)用のついたてが置かれた。ついたての向こう側でBさんが席に着く気配がした。宣誓の後、検察側の尋問が始まった》

 検察官「平成20年6月8日午後0時30分ごろ、ソフマップ前の交差点で、あなたは信号を無視して突っ込んできたトラックにはねられ、けがを負いましたね」

 証人「はい」

 《大型モニターに現場交差点の地図が映し出される。検察官が、被害に遭ったときのBさんらの位置関係を確認すると、Bさんがゆっくり説明する》

 証人「私の左隣にCさん、後ろに川口君とA君がいました」

 検察官「前の2人と後ろの2人はどのくらい離れていましたか」

 証人「1メートルも離れていなかったと思います」

 検察官「横断歩道を横断中に何か起きましたか」

 証人「私たちの進行方向にいる人たちがにわかに騒ぎ出して様子がおかしく、右手方向を見たら、トラックが突っ込んでくるのが見えました」

 検察官「あなた方は、まだ横断歩道を渡りきっていませんでしたか」

 証人「はい」

 《この後、検察官は突っ込んできたトラックの様子を詳細に尋ねていく。加藤被告は時折、手で首筋に触れるなどするが、あまり動かない》 =(4)に続く

【関連記事】
(2)アニメ好きの4人組、映画帰りに「突然トラックが…」 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
(1)「その見取り図作成は忘れました」 証人の警察官が正直に“告白” 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
秋葉原殺傷きょう第5回公判 被害者や警察官ら、5人の証人尋問
被害者に証人尋問 「秋葉原殺傷 第4回公判特集」
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
20年後、日本はありますか?

「政治家より偉い」橋下知事、自衛隊入隊予定者激励(産経新聞)
入居者介護中に出火か=一時ストーブから離れる? −グループホーム火災・道警(時事通信)
<強制わいせつ>容疑の警官逮捕 福岡(毎日新聞)
内需戻っていない=10〜12月GDPで−内閣府副大臣(時事通信)
北教組突き上げ交渉 「帰省中でも自宅研修」 破棄項目復活ごり押し(産経新聞)
[PR]

# by yqgmxm7dlv | 2010-03-17 06:20

密約で首相経験者らの招致検討=与党(時事通信)

懸賞 2010年 03月 13日 懸賞

 民主、社民、国民新の与党3党は10日、国会内で国対委員長会談を開き、日米間の核持ち込みなどの密約問題に関し、歴代の首相、外相経験者の国会招致を求めることを決めた。 

甲南大の「DNAモデル」、ギネスで世界最大に認定(産経新聞)
<狂言>250人が堪能 ミッドランド3周年で(毎日新聞)
統幕学校卒業式 田母神氏の出席拒否 招待一転、防衛省が圧力?(産経新聞)
<新潟市美術館>国宝展示「認めぬ」 管理に問題…文化庁(毎日新聞)
鳩山首相 政治家の監督責任強化に言及(毎日新聞)
[PR]

# by yqgmxm7dlv | 2010-03-13 08:22

前原氏、県内移設受け入れ先には追加支援も(読売新聞)

懸賞 2010年 03月 11日 懸賞

 前原沖縄相は6日、今後の沖縄振興策を検討するため、沖縄県を訪問した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市など)陸上部などが有力視される中、県内移設への警戒を強める県民感情に配慮しつつ、「5月決着」に向けた環境整備を進める考えのようだ。

 前原氏はこの日、税制上の優遇措置が受けられる「特別自由貿易地域」(同県うるま市)のほか、歌手の安室奈美恵さんらを輩出した「沖縄アクターズスクール」(同県宜野湾市)を視察した。7日には仲井真弘多県知事と会談する予定だ。この日、移設先として取りざたされる名護市を含む県北部にあえて足を踏み入れなかったのは、「普天間問題の行方にかかわらず、沖縄振興に取り組む姿勢」(前原氏周辺)をアピールする狙いがあるという。

 実際、鳩山政権は、自公政権下での振興策は事実上の「米軍基地対策」(平野官房長官)だったとして、新たな振興策の策定を視野に、有識者を含む協議機関の設置を検討中だ。ただ、現行計画で普天間の移設先となっている名護市を含む県北部12市町村に対し、2009年までの10年間に約789億円を投じてきた北部振興策も2年間延長し、10年度予算案にも70億円を計上している。

 前原氏はこの日の視察後、那覇市で記者団に、「普天間の施設を引き受けて下さったところには、仮に県内であれば、別個の経済対策だって(あって)しかるべきだ」と述べ、県内移設の受け入れ先には追加の支援策があり得るとする見解を示した。

 現行計画に否定的だった前原氏が、5月の決着期限が近づく中で振興策の検討に乗り出したことで、県側では「政府はいよいよ県内移設しか手がないと考え始めたのではないか」という見方も出ている。

個所付け問題 首相が前原国交相の処分を検討(産経新聞)
平野、北沢両氏に注文=普天間「半歩先」行かないで−岡田外相(時事通信)
米海兵隊訓練、住民投票で賛成ならOK…徳之島(読売新聞)
<太陽>黒点の「たね」発見 両極に強い磁場(毎日新聞)
北海道根室市で震度3(時事通信)
[PR]

# by yqgmxm7dlv | 2010-03-11 09:29

<非正規労働者>失職5867人増 2月調査(毎日新聞)

懸賞 2010年 03月 09日 懸賞

 厚生労働省は2日、2月の調査で、今月までに職を失ったか失うことが決まっている非正規雇用労働者が、1月調査より5867人増加したと公表した。増加数は573人減少した。期間労働者などの割合が1月の2倍近く増え、派遣労働者が大きく減った。08年10月からの累計は26万2598人になる。

 調査は2月18日現在。新たに把握した失職者などの割合は、パートなどが52.9%(3102人)で1月に続いて最も多かった。次いで期間労働者などが32.4%(1902人)で、割合は1月(16.6%)の2倍近くに増えた。派遣労働者は8.0%(469人)で、1月(23.2%)と比べ割合は大幅に減った。請負労働者は6.7%(394人)。

 パートや期間労働者など直接雇用の非正規労働者の雇い止めが増えていることについて、厚労省職業安定局は「厳しい経済状況が続き、直接雇用の多い非製造業でも雇用調整が広がったのではないか」と分析している。【東海林智】

【関連ニュース】
労働保険審査会:マツダ元派遣男性の失業手当延長を裁決
労働者派遣:改正法案妥当の答申出す 労働政策審
派遣法改正案:労組ら「骨抜き」 福島党首も修正要求へ
労働者派遣法:改正案要綱、17日に諮問
派遣法改正:通訳など専門26業務も 首相

鳩山首相 政治家の監督責任強化に言及(毎日新聞)
漁業被害拡大18億円超える 発生から1週間(河北新報)
2.4億円支払いで和解=元レストラン店長過労訴訟−鹿児島(時事通信)
女性2人死亡、長男行方不明=殺人事件で捜査−宮崎県警(時事通信)
「名前忘れた」さい銭盗未遂被告に懲役3年求刑(読売新聞)
[PR]

# by yqgmxm7dlv | 2010-03-09 18:19